上伊由毘男のブログ

ご連絡は[ skicco@gmail.com ]まで。

「劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME」を観てきた(ネタバレ)

ゼロワンは新コロの影響で夏映画ができなかったんですが、こうやってテレビ本編を一度ちゃんと終わらせてから映画は映画で作ったのは良かったです。そのためにわざとテレビを中途半端に終わらせるようだとちょっとアンフェアだと思いますが。
いつもの冬映画みたいに引き継ぎ映画にしなかったのもよかったんではないでしょうか。


基本的にはテレビ本編の正統な続編であり、レギュラーキャラ大集合のお祭り映画でした。まあテレビ本編の終わり方が続編ありきでしたからね。
最初の方は戦ってばっかだったんだけど、戦闘シーン自体は見ごたえあった。バイクアクションとか。ダブル必殺技でロゴが並ぶとか。ただ、なんで戦ってたかがよくわかんなくて「ふ〜ん」て感じで観てた。主人公あれだけふっとばされてもなぜか死なないし。
実はストーリー自体観終わってもよくわかんなくて。悪は滅びましためでたしめでたしみたいになってんの、なんだかなあとは思いました。まあこのご時世、後味の悪い映画とか観たくないからこれでいいのか。
一番タカまったのはゼロワンゼロツーの同時変身。最近の仮面ライダーは変身プロセスがやたら長いの多いけど、このシーンではコンパクトにまとめててかっこよかった。そして流れる「REAL×EYEZ」(J×Takanori Nishikawa)これは良かった。
ただ、映画全体にREAL×TIME感があまり感じられないのが惜しかった。そこちょっと期待してたんで。あと、アズちゃんの役割もよくわからなかった。


テレビ本編を完走した人なら楽しく観れるんじゃないでしょうか。