上伊由毘男のブログ

ご連絡は[ skicco@gmail.com ]まで。

映画「七つの会議」を観た

2019年の映画。アマプラで予告見かけたらキャストが半沢直樹みたいだったので観てみたら中身も半沢直樹ノリで面白かった。原作者も監督も音楽も半沢でロケ地も半沢直樹を思い出すような光景が。たぶんさんざん半沢直樹って言われてるんだろうなあ。
映画のテーマ自体は結構重いんだけど、演出の塩梅でそこまで重苦しくならずにすんでいる。
あと、主演の野村萬斎さんをはじめ、キャストの演技が観てて気分がいい。

映画「桜田門外ノ変」を観た

アマプラでそろそろ見放題終了だったのであわてて観た。


2010年の映画。最後まで興味深く観た。幕末モノに共通する「時の流れがはやすぎる」の思いを新たにした。
時代劇には違いないが、桜田門外の変を歴史の教科書レベルでしか知らない人にも観れるよう親切設計になっている。かくゆう俺も歴史に疎いし。
ただでさえ複雑な幕末の背景だが、襲撃に関わった藩士一人の軸にして、変の前後に絞って描くことで、一本の映画として心に残る作品になっており、心動かされる。
ラスト近くの白洲のシーンはワンタメノーカットで強く印象に残った。


あと、これ言っていいのかわからないけど、堀内孝雄の「愛しき日々」が聴きたくなった。

劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編 を観た

圧倒的な興行成績が話題の本作。観れるかな〜まだ混んでるかな〜と思ったけどあっさり観れた。


フジテレビで放送してた編集版と、あと足りない部分はアマプラで復習してから行ったんだけど、面白かった。どのくらい面白かったかと言うと、ドリンク買ったのに一度も飲まないくらいスクリーンに釘付けだった。
あと、ネットでよく「泣く」って感想見てて。俺は基本創作物では泣かない人なんだけど泣いてしまった。たぶん他の人とは違う箇所で泣いてた気はするけど。


しかし感想の書きづらい映画だ。何書いてもネタバレになっちまう。ってかもう原作は完結してるんだからネタバレも何もさっさと漫画読めってことかしら。続きがとっても気になるラストだった。