上伊由毘男のブログ

ライターやってます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

6月4日は無職の日

無職脱却その1:取りあえず呼び名を変えてみる — とりあえず無職でもいいじゃない | 無職ポータル無職ジャパン
失業を苦に自殺したり、あるいは世間の風当たりが強くて精神の病をわずらってしまうようなら、呼び方を変えるのも悪くないと思う。
そもそも今求人倍率0.5とかそれ以下のレベルだろ。仮に失業者全員が仕事選ばずに雇われても半分以上の人は仕事にありつけない(二言目には「選ばなきゃ仕事がある」と言う人はこの現実を認識して欲しい)。
これはもう自助努力でなんとかなるレベルではない。劣悪な労働環境に他人を蹴落としてまで群がるとかホントバカげてる。
一方で大企業は経営が傾いても公的に保護され、経営者も労働者も責任を取らない。放漫経営者や運良く雇用され惰性で働いてる人ばかりが保護されている。自己責任が聞いて呆れる。
この失業と貧困は、このように社会構造的な問題なのだ。もはや一個人でどうこう出来る問題ではない。
台風や地震や洪水や火山で被害にあった人に「そんなことに住んでる方が悪い」などと言わないように、失業や貧困を責めるような意識は無くしていかなければならない。


さて俺ならなんて呼ぶかな。プチ起業しちゃえば肩書きは「経営者」になるから病まなくていいかもしれないけど。そこらの個人商店とかも法人登記してなくたってデカいツラしてるしな。人生を経営してると考えれば人は皆「俺商店」の経営者ではあるが。