上伊由毘男のブログ

ライターやってます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

他人に生活や価値観を強要するのはなぜか

社会の仕組みとか政治だとかで意見が対立するのは、それぞれに利害関係があるからだと思うんですよ。利害関係無かったらそんなことにエネルギー使わないですよね。
ところが、利害関係が無いのに論争になったりする事があるんですよね。要するに「お前の考えが気にいらない」。


例えばこれ。
ローマ市長、同性婚認知を強行で政府と対立 写真11枚 国際ニュース:AFPBB News


他人の事ならどっちでもいいじゃないですか。同性婚が法的あるいは社会的に認められると損をする人ってのが想像できないんですよ。そりゃ自分の事で価値観を押し付けられるのは嫌ですよ。でもそうじゃないですよね。私は男で女性が好きだから女性と結婚すりゃいいんですよ(相手いませんけど)。で、それは私の問題であって、私が同性婚をしようとしまいと他の誰かが損したり得したりとかないですよね。
にもかかわらず、否定や反対がされるのは「お前の考えが気にいらない」レベルの話なんじゃないかなあと。
なんというか、私ゃ自分の事で精一杯なんで、よくまあ他人様の生活を妨げるヒマがあるんだなあとか思いますよ。同性婚でも夫婦別姓でもやりたい人がやればいいだけの話で。


まあ歴史的には「お前の考えが気にいらない」で戦争や虐殺が起こったりしてるんで、人間の発想自体がそのレベルなのかもしれませんけど。ちょっとした借金で人を殺す方がよほど理性的だ。