上伊由毘男のブログ

ご連絡は mail at skicco.net までお願いします。

映画「さかなのこ」を観た(ネタバレ含む)

映画館で観た予告編で気になって、ずっと待ってて、でもいざ公開されたらなかなかいけなくて、ようやく観てきた。
面白かった。俳優・のんの魅力にあふれてた。生きることの困難さをコミカルに描いている。さかなクンの自伝が原作だけど、さかなクンのことよく知らない俺でも楽しく観れた。絵の才能もあったんだな。
この映画のキャッチフレーズは「ずっと大好き。それだけで人生はミラクル」とあるが、好きを貫く事の大変さと、そのために多くの人々との幸運な出会いが描かれている。
(以下ネタバレ)






のん演じる主人公のミー坊がギョギョギョって言ってるとじぇじぇじぇ思い出してつい可笑しくなった。
主人公が幼少期の頃、不審者として登場するさかなクン(本人)が帽子を外すシーンはドキリとした。それがのちのミー坊を創り上げる演出は良かった。
不良がノーヘルでバイクに乗ってるシーンもドキリとした。やればできるんじゃん。エンドロールに注意書きが出てたけど。ただ、不良実はいいヤツ理論に乗っかっているのでそのへんひっかかった。
ミー坊がぽんぽん引っ越ししてる(ように見える)のも気になった。父と兄が途中から急に存在感なくなるのも気になった。ご想像におまかせされたんだろうか。
レストランのシーンだけ意図がよくわからなかった。
冒頭、男でも女でもどっちでもいい、みたいなメッセージがででんとスクリーン中央に強く表示される。それがこの映画の主題なのだとしたら、それは文字でなく一本の映画として伝えるべきなのではないか、どっちでもいいかどうかは観る人に任せるべきなのではないかと思った。

劇場版GのレコンギスタをI〜Vまで全部観た

I〜IIIはアマプラで。俺が観たあとで無料になった。
IVとVは劇場で。なぜかモノラル音声だったので劇場ならではの音響とか迫力みたいなのはナシ。
I〜IIIは総集編感強かったけどIVとVは新作感あった。とくにIV。それが関係あるのかどうかわかんないけどややわかりにくく感じた。まあ総集編だからなんだけど。IVのベルリとマスクの戦いは良かった。Vではロックパイの死に方が良かった。ラストは……あんなもんでしょうと言われればあんなもんでしょうか。
わかりにくいわかりにく言うても、ファーストガンダムだって劇場版何度も観たんだから、Gレコも繰り返し観ればわかると思う。見返すときはTV版じゃなくてこの劇場版になるだろうな。
イマイチ切れの悪い感想なのは、きっと俺がGレコを観るには歳をとりすぎたから。

故郷の英雄が映画になった「峠 最後のサムライ」を観た


我がふるさとの英雄・河井継之助を題材にした映画「峠 最後のサムライ」をはりきって観に行った。子供の頃から名前だけは知ってるが、具体的に何をした人かはよくわからなかったってのもあって。コロナ禍で何度も上映延期になってようやくの公開。原作は司馬遼太郎の「峠」。



原作は長編小説だが、映画は割り切ってラストあたりの戊辰戦争の長岡城攻防をメインに。まあそうしないと2時間にはおさまんないし。とはいえ、どこがクライマックスなのかわかりにくかった。ラストシーンも想像してたのとちょっと違った。
時代劇好きなら観て欲しいとは思うものの、そうじゃない人には難しいかも。原作読めと言いたいところだが原作は原作で読みにくいんだよなあこれが(笑)。