上伊由毘男のブログ

ライターやってます。ご連絡は[ skicco@gmail.com ]まで。お待ちしております。

これから特撮観るなら仮面ライダーW(ダブル)を強くオススメしたい3つの理由


YouTubeでやってた「仮面ライダーW(ダブル)」全話放送(週2話ずつ)は今回が最終話。やっぱ面白い。圧倒的に面白い。もう10年ぐらい前の作品だし、思い出補正かかってるかとおもってたけどマジ普通にすげえ面白かった。今から特撮に興味持って見ようといてる人がいたらWを強くおすすめする。


好きとか思い入れだけでいえば平成ライダー第1作「仮面ライダークウガ」のほうが好きかもしれん。でも流石にあれを面白がるのはオサーンのような気もするし、いかんせん映像が古く(フィルムが劣化してるとかそういう意味ではない)、ケータイもノーパソもろくに普及してない時代とか若い人には時代劇に見えてしまうかもしれない。特撮部分もしょぼいし(そこがナマナマしくて俺は好きではあるんだけど)今の技術で作り直してほしいってもうずっと思ってるくらい。
だから、他人にすすめるならまずはW、かな。理由はいろいろ。


現役の人気俳優さんが多数出演している

主役の二人・桐山漣さんと菅田将暉さんはもう説明不要に地上波テレビ等で大活躍されてますし、山本ひかるさんも大人気ドラマ「科捜研の女」でずっとレギュラーやってます。さらに言うと敵のボスが寺田農さんという重鎮。最初は出演者キッカケでいいと思うんですよ。俺も特撮に興味持ったのは「超獣戦隊ライブマン」に大映ドラマによく出てた森恵さんが出演してたからだし、クウガ見るようになったのもギャルズポップこと村田和美さんが出てるってのがキッカケだったし。

話がシンプル

最近とにかく話がでかくなりがちなライダーシリーズ。でもWはシンプル。
・街で悪いやつが暴れる
・Wの二人が犯人見つけてやっつける
これだけ。それでいてメリハリもついてるし、一年を通してのストーリもあるから、見てるとタッタカタッタカとテンポよく進む。見てて飽きない。
あと、クウガからはじまる平成ライダーの伝統・“2週分で1話”という構成が見やすい。どんなに深刻で重要な話でも絶対2話ごとにエピソードに区切り着くから、よくわかんないな〜って思ったらまた2週おいて見始めれば良い。初心者に優しいシステムだと思うんすよね。

特撮作品の面白さ・キモも凝縮されている

二人で一人の主人公(と書いてヒーロー)ってまあそうそうあるもんでなくその意味では異端かもしれんけど、それが奇抜狙いでなく1年続くストーリーの核心部分につながっている。だから毎週謎が少しずつ見え隠れしてワクワクする。そしてもちろん変身後のアクションシーンや必殺技も見どころ一杯だ。派手なCGでごまかさすちゃんとアクションしてるのが好き。Wは今風の特撮ヒーローなので複数のフォーム(姿)を使い分けるのですが、それがちゃんと戦略的に意味があって“興味深い”。菅田将暉さん目当てで見ても、もしこういうのに興味持ったら、他のイケメンライダー(カブトとか電王とかフォーゼとかドライブとかエグゼイドとかビルドとか)を掘ってみるのも一興。




なお、5月いっぱいはWの劇場版「仮面ライダーW(ダブル)FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ」を全編無料配信してます。この映画はTV版第44話と第45話の間にあたるストーリーですが、この映画だけでも雰囲気つかむのにはちょうどいいかもしれない*1。これを見て興味が出てきたらW全編を借りてくるなり配信でイッキ見するのも楽しいかと。なおこの劇場版ではSOPHIA松岡充さんが仮面ライダーに変身して戦うのでそれも見どころです。映画っつても1時間くらいなんで、ちょっとでも興味持ったらぜひ。



で、Wで仮面ライダーって面白いな〜って思ったらクウガも見てください!ザギバスゲゲルに進んでください! #言いたいだけ

*1:当然ながらTV版のネタバレ多数なので、気にする人はこれ見ないでTV版1話からちゃんと見ましょう。面白いよ!