上伊由毘男のブログ

ライターやってます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

ノベル踊るのかよ ガンダム Gのレコンギスタ第19話「ビーナス・グロゥブの一団」 #gレコ




前回はこちら


【注】ファーストインプレッションを大事にしたくてあんまり予習していません。そのためウェブや雑誌で公開されている情報を知らないで書いてる場合があります。


宇宙へ出てから話のスピードがすごく速いですよね。最初の頃ののほほんムードはなんだったんだ的な。もしかして作ってる途中で“このままじゃ半年で終わらねーぞ!”的な話になったんでしょうか。
マニィ「マスク大尉……どの星がルインのいる星なのか、わからないんだよ」
マスク大尉も天才クリムぼっちゃんもドレッド艦隊もクンパ大佐もすっかり星の向こうです。


フラミニアさんがクレッセントシップの人ってかヘルメス財団の人ってのはわりと驚きました。俺先週見逃したっけ?ぐらいは。まあそれなら、前回クレッセントシップに向かうメガファウナの進路を修正させたのもわかります。
リンゴ「ビーナス・グロゥブは清潔第一、クンタラを扱う以上に厳しいんだよ」
ラライア「クンタラなんて大昔の話じゃないですか!」
出た!忘れた頃のクンタラ!だからクンタラってなんなんなんなんなんなんだよぉおぉ!
それにしても、フラミニアさんすげえ勢いでベルリに注射ぶっさしましたよね。針曲がってるし。


ハッパ「レイハントンコードは、元の制限コードに戻しておいたよ」「コード制限があるってことは、Gセルフって、あくまでも貴様たちを救いたいっていうシステムなんだよな」「いいご先祖様に感謝するんだなっ」
ベルリ「あの両親の意思が、こういうところに働いていたんだ……アイーダさんが姉さんで、僕は弟かよ!」
ここ数回すっかり姉さん姉さんって普通に呼んでましたけど、やっぱそうそう簡単には割り切れんのでしょうな。写真でしか知らぬ両親に何を思うのか。何がレイハントンだ!


クレッセントシップのエル艦長は言います。ビーナス・グロゥブは「人類を永遠に生きのびさせるためです」と。
「宇宙にとり残された絶望した人々がいたからこそ、トワサンガもあれ(ビーナス・グロゥブ)も建設したのです」
ベルリ「地球では、科学技術であるアグテックは改良してはならない、というタブーを押しつけておいて、勝手ですね」
エル「人類は、大量消費と戦争で地球を住めないようにしたのです。そんな人類にはアグテックのタブーは必要でした。そのかわり、財団はフォトン・バッテリーは無条件で提供してきました」
アイーダ「エネルギーの配給権を、キャピタル・タワーに独占させたために、他の大陸の人々は……」
ノレド「アメリア人の感覚だけでしゃべるな」
アイーダ「人の自由を侵害されています!」
ベルリ「人は自然界のリズムに従うものでしょ」
アイーダ「でも、アメリアでは……」
エル「そのように教わって、お育ちになったのですな」
アイーダ「えっ、教わった?教わったって……」
ノレド「自分で感じたことではないってことだよ」
アイーダ「刷り込まれたということ?」
かつて、人類を永遠に生きのびさせるためと言ってエゴを強化した人がいましたね……。


モビルアーマー・ジロットのアンチミノフスキーってどんなんでしょうね。さらっと言ってたけどわりと宇宙世紀的をひっくり返すようなテクノロジーな気が。しかもモノアイ。しかもでかい。アーマーザガンもでかかったけどたぶんそれよりでかい。メガファウナと同じくらいでかくない?と思ったらモビルスーツ2,3機分って言ってたから、宇宙で遠近感がおかしくなってるんでしょうか。今回そういう話もしてましたしね。


今までだいぶ固有名詞間違えて覚えてた……。