上伊由毘男のブログ

ライターやってます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

地球人の中に伝説に言われているニュータイプなんてのが ガンダム Gのレコンギスタ第15話「飛べ!トワサンガへ」 #gレコ




前回はこちら


先週はお休みだったので楽しみに待ってましたが、今回はもう戦闘がアツかった!それにつきる!


【注】ファーストインプレッションを大事にしたくてあんまり予習していません。そのためウェブや雑誌で公開されている情報を知らないで書いてる場合があります。


普段からも感想書いてるだけですが、もう今回はただただテンションが上って、カッチョえー!これぞロボットアニメ!これぞガンダム!とか一人で騒いでました。なんか言葉であれこれ書くのがもったいないなんて思っちゃったりなんかしちゃったりして。繰り返し何回も観ちゃいました。ま普段から何回も観てるんですけどね。今回はいつもよりさらに多く。


ドレッド軍のMSモランを塗り替えてラライアが使う。F91Vガンダムでもありましたね。
GセルフことYG111はドレッド軍で不採用になった試作機だとか。今回も出てきた謎シールドみたいな謎パワーは仕様なのか、それともベルリの力なのか。これまでも、ベルリの母やクンパ大佐が何か知ってるげなこと言ってましたが。
そのYG111でラライアが地球に降りてきたのは先発隊としてドレッド軍の地球降下を待つため。そのついでで、レイハントン家の生き残りを探せってことだったらしい。
フォトンバッテリーの技術を教えろ、というのがドレッド家で、レイハントン家はそれに反対していたんです」
「それでトワサンガは分裂していたんだ」
「技術の独占は反対」って言わざるをえないアイーダ様。
レイハントン家は技術をヘルメス財団に独占させておきたかったとか。


トワサンガのモビルスーツはなんとなくクロスボーンヴァンガードっぽいってかブッホコンツェルンっぽい見た目かなあとか思ってましたが、マントシールドならぬネットシールドとか出てきましたね。


メガバズーカランチャとベースジャバーが一体化したような、というかありゃ機動砲台(っていうのか?)って感じですね。しいて言うならアッザムの仲間?のアリンカト。金の鉱脈にエサを求める妖怪がアリンカト。
マッシュナー「各砲座一斉射、てー!」出た!ガンダム伝統の「てー!」これってやっぱり台本に「てー!」って書いてあるんですかね笑。
ロックパイ「地球人ども、月へ辿り着けるなどと思うなよ!」
ヘカティのビームチェーンソー!こういうの大好き!
クリム・ニック「私は貴様のお尻を追いかけるわけにはいかない」
ベルリ「これ以上僕にライフルを使わせると、みんなで死ぬぞって言ってるでしょ!」このセリフが出たらニュータイプ確定ですね!
アサルトのビーム砲とミサイルの長距離攻撃からの、アサルト被弾後素早く離脱し盾にして射撃戦からのチャンバラ!大サービスだ!
クリム・ニック「私は天才である!アメリアが建造した宇宙戦用ジャハナムってなぁ、宇宙世紀の成果とも言うぞ」この人今までどんだけ天才っておだてられてきたんだ。
ロックパイ「まさか、地球人の中に伝説に言われているニュータイプなんてのが、いるわけはないだろ!」
富野カントク、ニュータイプなんてナンセンスだみたいなことをGレコ放送前に言ってなかったっけ?笑


ドレッド艦隊とアメリアは手を組むのか。組めるのか。アメリアと敵対するゴンドワンから戦艦ガランデンを調達したキャピタル・アーミィも、ドレッド艦隊を取り込もうとしています。
そして、ついに姿を見せたトワサンガ。その向こうには宇宙世紀でおなじみオニール型コロニーも数基見えました。
トワサンガに入港する2隻。サラマンドラ側は捉えられてしまいましたが、メガファウナ側はラライアのふるさとへ入り、そしていよいよ来週、レイハントンコードの謎が(たぶん)明かされるんですね。「Gセルフをフル活用できる」ベルリとは。