読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上伊由毘男のブログ

ライターやってます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

Time Machineバックアップの意外な盲点




MacBook AirのバックアップをTime Machineでとっているんですね。すっげー楽なんで。


Apple - Mac - AirMac Time Capsule


何も考えないでひたすらバックアップとってくれるのとか最高すぎる!とか思って早3年ほど。幸いバックアップに頼らなければならない事態にはなっておりませんが、何も考えないで常にバックアップ取ってくれるってのは精神衛生上良いですね。


と思ってんたんですよ。


こないだ、なんの前触れもなくフリーズしたんですよ。レインボーボールも出ないで完全に。マウスポインタも動かず。esc+option+四つ葉の同時押しも反応せず。おいマジかよ。ひょっとしてキーボードと本体の接続がぶっ壊れた?とすると、キーボードに電源ボタン付いているんだから電源も切れないってこと?と軽く震え上がったんですが、電源ボタン長押しは反応してくれたので、無事再起動で事なきを得ました。


安心したのでちょっと冷静に考えたのですが。


仮に本体イカれた場合、このTimeMachineHDDからどうやってデータ取り出すん?て考えたらすげえ戦慄しちゃって。


もう一台Macあればなんの憂いもないでしょうが、アテクシそんなブルジョアじゃないし。お布施ろくに払ってないし信心が足りないんで。アップルケアには入ってるけど3年使ってるんでもう切れてるし。仕事のファイルとか仕掛品とか全部入ってるんでヤバいですよ。


3年も使って今ごと気づいたんかって感じですよね。全く迂闊でした。
というわけで、本当に消えるとヤバいデータはUSBメモリで別途バックアップを取ることにしました。これなら最悪ネカフェでもデータ回収できる。


となるとこのTime Machineが役立つ時ってどんな時なんだろう……?
信者の皆さんはMac2台持ちとかが当たり前なんでしょうか……?