上伊由毘男のブログ

ライターやってます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

そんな新型を出してくるからでしょ!そんなもので変形したりするからでしょ! ガンダム Gのレコンギスタ第6話「強敵、デレンセン!」 #gレコ




先週分はこちら


「ノレドとメガファウナを逃げ出す予定だった。けど上から下から襲ってきたキャピタル・アーミィは、Gセルフを敵だと信じているから、その誤解をとくヒマもなく、ボクは人生最大のミステイクをやってしまった。次回、Gのレコンギスタ『強敵、デレンセン!』スリリングすぎるから観なくていい!」
予告でこれだけ言われたらそらヤバい予感しかしないですよね……。


【注】ファーストインプレッションを大事にしたくてあんまり予習していません。そのためウェブや雑誌で公開されている情報を知らないで書いてる場合があります。


ガンダムでは、というかガンダムだけでなく富野作品ではしばしば重要な人物が死にます。黒富野なんて呼ばれたりもしますが。
アニメなんて作り物です。フィクションです。だから作劇上でどんなに衝撃を受けても、心を震わせられても、悲しくても、それは自分の現実とは関係ないんです。そのはずです。
私はファーストガンダムを再放送で観たクチなので、ガルマやリュウやマチルダさんが死ぬのはもうネタ的に扱われていたし、Zでカミーユの母が殺されても、Vでウッソの母が殺されても、悲しいシーンだなあ、主人公はつらく苦しいだろうなあ、という感は抱きつつも、それはあくまで作品を鑑賞する自分の中の感情なんです。


だけれど、今回は、予告でだいたいの想像はできてたにもかかわらず、まるで自分の事のようにつらいです。
「貴様は何人の戦友を殺してきたかわかっているのか!」
変形MSエルフブルで迫るデレンセン。
「キャピタル・アーミィがあんなものを建造していたなんて、母さんはキャピタル・アーミィの事を知らな過ぎです!」
Gセルフなんぞを動かせてしまったばっかりに、アイーダと会ってしまったばっかりに、そのアイーダを守るためにカーヒル大尉を殺してしまい、海賊船に連れていかれ、「返せる借りじゃないけど、返す努力はします」と言ってデレンセン大尉やマスクと戦わざるをえなくなって、とうとうデレンセン長官殿を討ってしまった!ノレドとメガファウナから逃げだすつもりだったのに!キャピタルガードの生徒だから!
ほんの一瞬の接触回線、聞き間違いかもしれない。聞き間違いであってほしい。そう願わざるをえません。でも視聴者だから知ってるんです。ベルリが討ったのはデレンセン大尉だと。
これからベルリはどうしたらいいんでしょうか。


この内容で元気のGははじまりのGって歌われても元気出ませんよカントク。
エンディングでベルリが腕組んでる二人ともベルリが殺しちゃったんですよね……。