読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上伊由毘男のブログ

ライターやってます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

週休3日制という妄言

RIETI - 「週休3日制」導入による経済・社会変革を
週休3日制による内需拡大案 水曜が休みになったら何をする? - モジログ
この人達はサービス残業過労死という言葉を知らないのだろうか。
たとえカタチだけ週休2日を取り入れても、統計上は労働時間が減ってても、サービス残業サービス休出が常態化ししている。従わなければ「無職」という社会不適合者の烙印が押されるため辞めることも出来ず、過労死過労自殺に追いやられていく。
だいたい週休2日制自体が定着したとは言いがたい。ハロワや求人サイトを見てみればいまだに週1休み、隔週2日休みなんてのがザラにある。それだってちゃんと取得できるかあやしいものだ。
もちろん、民間で週休3日制を実施できるならすればいい。だが制度として週休3日に取り組む前に、やらなかければならないのは現行の労働基準法を守られるようにすることだ。変更するならば、労基法違反をしたら損をするくらいの罰則がなければならない。そうでなければ週休3日も今の週休2日と同様、絵に描いた餅だ。
すべての人に、週休2日、週40時間労働、まずはここからはじめなければならない。もちろん、労働時間が「減った」ことで生活できなくなる人がいないように、最低賃金の引き上げも同時に行われるべきだろう。ワーキングプアという存在自体が不条理の証なのだから。