読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上伊由毘男のブログ

ライターやってます。お仕事のご依頼は[skiccoあっとgmailどっとcom]まで。お待ちしております。

マスコミも下請けとかを消耗品みたいに使ってるんだから労働問題など考えるわけがない

不景気を利用して、経営者の都合のいいように大衆を洗脳するマスコミ|和田秀樹オフィシャルブログ「テレビで言えないホントの話」

さて、朝テレビをつけていたら、『餃子の王将』の新人研修の様子が流されていた。

不景気の中、買い手市場ということもあって、かなり厳しいものだった。

かなりパワハラに近いなと思っていたが、平気でクビだとか、採用取り消しとか、不合格ということばが飛び交っている。私も途中から見たので、軽々なことは言えないが、テロップには新人研修を初めて撮らせてもらったというようなことが書いてある。

もし、これが新人研修の中で行われていたのなら、たぶん法律に触れるはずだ。内定取り消しでさえ、うるさく言われるのに、いったん雇った社員を研修で気に入らないからと言って、簡単にクビはきれないはずだ。

でも、こういう特集を組んで、そんなことをいうコメンテーターは誰もいない。コメンテーターの中に弁護士もいたような気がするが、それも言わない。(私が法律に詳しくないから、労働法規に本当は触れないのかもしれないが)。

少なくとも不景気で、会社経営が厳しくなるという話をいいことに、馘首権の乱用が正当化されたり、このご時世だから仕方がないという世論形成に役立つようにテレビが動いているとしか思えない。多くの企業が黒字を出しているのに、労働者に還元すべきという声も上がらない。

労働者の賃金が抑えられ、クビが当たり前の社会で消費が伸びないのは当たり前だ。(能天気なアメリカ人は別なようだが)

スポンサーに頭が上がらないのはわかるが、そのスポンサーが消費不況でCMを手控える結果を作っているのは、むしろテレビ局なのではないか?

派遣村を取り上げても、切った側を叩かないのがマスコミ。